旅立ちの朝日は眩しく辛く美しい

Posted on 24 1月 2016

少しだけ落ち着いたので父のこと。新年明けてすぐ
突然、大好きな父が旅立ちました。

書くべきなのか迷ったけれど
生前会って話してくれた人もいて
突然の事でお伝えできなかった方も沢山いらっしゃったので
ご報告御礼もかねて。

数時間前まで普通に元気やったので
とにかく急な事で
驚いて
東京に出ていた私や姉も家族みんな帰ってきて
愛する姪っ子もいた幸せすぎる一家団欒の温泉旅行でのこと。
多分心筋梗塞やったんやと思います。

やっぱり家族が集まって孫もいて
すごく幸せなこの時を選んで旅立ったのかしら
と思うほど
本当に
眠っている時と同じ顔で
とにかく幸せそうな
所願満足の顔をしていました。

お医者さんも、苦しんでもがいた様子もないので
本当に一瞬のことやったと思います。
ご家族は辛いけど、本人は本当に苦しまずに逝かれたと思いますよ。
と言われていました。

パパが一番幸せそうやなあ、
もー!いつも何するのも遅いのに
まさか先に行くなんてなあ!私らはこんな悲しいのになあ
と泣きながら家族で話しました。

お通夜もお葬式も歌い、
たくさんの方が会いに来てくださって
泣いたり笑ったりとにかく賑やかで素敵な旅立ち式でした。

大好きなパパ
きっと2人目は男の子がよかったんよね
だから私はいつも
釣りにもゴルフにも
一緒になって遊んだよね
新年はじめのライブ、来てくれてたね
ほんまにわかったよ
ありがとう

いきなり、
写真でしか会われへんくなって
何度ありがとうと言っても
その言葉を聞いた顔は見れなくなってしまったから
涙が出るのは当たり前。

大好きな友達のように仲が良かったのやから
辛いのは当然のこと。

でも
泣いたら一番怒られた
泣くな
この顔見てみい
最高な人生やったぞ

って

カッカッカって笑いながら言ってる顔やったもんね
幸せなお家に私を呼んでくれてありがとう

来世まで少し眠って
おじいちゃんやおばあちゃんに会って
久々に一家団欒してな
ほんでまた産まれてきてね
また一緒に遊ぼう
また会えるの楽しみにしてるから

やっと
歌える権利を得た気がする曲たち
これからもよろしくね

最後、父に会いに来てくれた友達が
このお顔をみたら
本当に悲しいけれど
やっぱりパパはこの時を選んで旅立ったんだな
幸せだったんだなってわかるよ
と抱きしめてくれました。

永遠の生命からしたら
死は眠りについてまた目が覚めるまでの
一瞬のこと。
瞬きをするように短い。
死は、生き生きとした生への出発の準備なんやって。
私も何回も思ったよ。
早くにお父さんを亡くした友達が
励ましてくれました。

新年のライブでメンバーが
聴きにきていたパパを
私と一緒に感じて寄り添って寄り添ってくれました。

いつも
心が近い最愛の友、メンバー、皆様に心から感謝しています。

深海のごとく光が届かない悲しみこそ
ありのままに受け止めて生きていく
希望だけは常に自分の中にあるから
息をして笑ってわんわん泣いて眠ってまた起きる

なにひとつあたりまえじゃない

最後にパパのためだけに歌ったlike sun
今日も聴こえてるかなあ

涙の朝も
再会の日も
ずっと照らしていけるように
good for me
good for you

新婚父母笑

仲良しやね!

松本ラフ



No responses yet. You could be the first!

Leave a Response

Recent Posts

Tag Cloud

Twitter アナログ放送 松本ラフTwitter

Meta

松本ラフ Blog is proudly powered by WordPress and the SubtleFlux theme.

Copyright © 松本ラフ Blog.